HOME ? 鯉釣り、フナ釣りのポールフィッシングとは ? 鯉釣り、フナ釣り…ポールフィッシングの世界
ポールフィッシンググッズ購入はこちら

   ポールフィッシングは、いわゆるマッチフィッシングの1メソッドとして位置づけられている。マッチフィッシングとは、その名の通り、競技釣りとでの訳せるべきものであり、管理釣り場等で釣った魚の重量等を競う釣りである。基本的には小型〜中型の雑多な魚種が対象となる。このマッチフィッシングは、欧州全体を通じて非常に盛んであり、特に英国、フランス、イタリアなどではこの釣りに特化した様々なタックルが流通している。

  マッチフィッシングで最も一般的かつ最もハイコストな釣り方が、ポールフィッシングである。鮎竿でヘラブナ釣りをするがごときこの釣りは、まずポールという非常に長く、それゆえに高価な竿をそろえることから始めなければならない。エントリークラスで数万円、フラッグシップモデルでは日本の鮎竿を超える価格も散見されるこの竿は、扱い方からしてとても特殊である。

  この釣りはマッチフィッシング愛好家には十分認知されているが、釣りに疎い者であれば現地でも首をかしげる釣りである。なにしろ、棒高跳びのポールのごとき竿を水平に繰り出し、竿の長さ、大きさとは正反対に釣り上げる魚は比較的小さなものだからだ。

  このようにともすれば奇異の目で見られるポールフィッシングだが、ピンポイントを100%の精度で狙い撃ちできる繊細さでは他の釣り方の追随を許さない。なにしろ長竿のチョーチン釣りであるから、10mの竿であれば10m先を、16mのそれであれば16m先を必ず、どれだけ風が吹こうが流れがあろうが狙い続けることが可能だからだ。

  しかしながら、ポールフィッシングだけがマッチフィッシングのメソッドではない。 いわゆるリール竿でのウキ釣りを意味するフロートフィッシング、ぶっこみのかご釣りのようなフィーダーフィッシングなど、3〜4m程度で小さなガイドを有する専用のリール竿を用いた釣り方もある。これらの釣りは、まずそのリール竿がポールに比べれば圧倒的に安価であることが敷居の低さにつながっている。また、もちろんリール竿であるから、20m,30m先でも狙うことは可能であり、事実上射程距離に限界は無い。もっとも、いわゆる池沼のような管理釣り場で遠投は不要であるから、日本のブッコミ釣りのように遠投することは稀である。

  かくして、遠投性よりも正確性が求められ、往々にしてポールフィッシングの優位性が際立つことになる。基本的に小物の数釣りであるから、リールを用いた魚とのやり取りの優位性は乏しく、またポールにはエラスティックという武器も備わっているため、ある程度迄の魚は十分にあしらうことが可能だ。

  ところで、マッチフィッシングでは、様々な餌が使われる。また、定期的な撒き餌が不可欠であることも重要なポイントだ。これは、ポールフィッシングはもちろん、フロートなどでも言えることであり、カタパルトなどを用いた撒き餌は非常に有意義である。こういった点は、日本のヘラ釣りに通じるところもあるが、マッチフィッシングでは対象魚が複数のため、より餌のバリエーションが豊富である。マッチアングラーたちは、maggot(ウジ虫)をはじめ、maggotによく似たcaster、hemp(種子)、worm(ミミズ)、paste(ダンゴ)、bloodworm(赤虫)、sweetcorn(トウモロコシ)などなど、様々な餌が使われる。もっとも使用頻度が高いのはmaggotだろうか。他にも、人工のトウモロコシや種子も存在する。

  竿の長さ、大きさとは対照的に、ポールフィッシングで用いられるリグ(仕掛け)は非常に繊細で小さなものだ。ウキなどは日本のヘラウキよりも小さく、それを16m先で視認するには、ともすれば双眼鏡で見続けなければならないかもしれない。針も小さい。バーブレス(スレ針)が基本であり、各種餌ごとに適した針が用意されている。 日本でいうガンダマをうつことを、shottingという。shottingのパターンで、仕掛けの沈み方も変わり、これは日本のウキフカセ釣り同様に色々試せばよい。非常に小さなガンダマであるため、打ち方一つで結果は大きく変わる。

  マッチフィッシングの舞台はもっぱら管理釣り場であるから、ネガカリの心配、あるいは座位の後方スペースの問題は発生しにくい。しかしながら、ポールフィッシングをもし野池で行う場合はこれらに十分注意する必要がある。ポールにはエラスティックがついているため、ネガカリをしてしまったときは外すのに苦労するだろう。あらかじめ対応策を考えておく必要がある。たとえば、ネガカリを外すための棒や、用具を用意しておくことだ。また、後方のスペースについては、ポールを引き寄せてくるときに必須であるから、座位のすぐ後ろに崖が迫るような釣り場でのポールフィッシングは難しい。 それでも、ポールフィッシングを野池で行うメリットは大きい。特に、マージンフィッシングといわれる、池や川の淵をピンポイントで狙いコイなどを釣る方式では、ポールの精度が生え盛るアシやヨシの数センチ際まで確実に仕掛けを届けてやることが可能だろう。通常の釣りではそこまでの際をしっかりと探ることはできないから、潜む魚はついつい餌に手を出してしまうことだろう。

  さて、マッチフィッシングの1メソッドとして発展したポールフィッシングであるが、いまやそれ自体が一つの大きなカテゴリーとなり、釣り具メーカー各社がこぞって製品をリリースしている。このマッチフィッシング、特にポールフィッシングの世界において最も大きなブランドを確立しているのは、やはり英国Maver社であろう。Maverのコピーに、ポールで世界一というものがあるが、たしかにポールフィッシングにおいてMaverの存在は群を抜いている。 もちろん、欧州シマノ、欧州ダイワの製品も確固たるブランドを築いている。他にも、Garbolinoはファッショナブルなデザインの製品を多く輩出しているし、Preston innovationや Fox Match、MAPにLeedaとマッチフィッシングブランドは数多存在する。

ポールフィッシンググッズ購入はこちら

ポールフィッシングとは何か

▲ポールフィッシングの方法論を解説しています

ポールフィッシング

▲ポールフィッシングの方法論に関する数々のFAQをまとめました

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ