HOME 鯉釣り、フナ釣りのポールフィッシングとは
ポールフィッシングとはポールフィッシング日本上陸

ポール購入はこちら

ポールフィッシングとは?

 ポールフィッシングの特徴は、非常に長い延べ竿を前後にスライドさせ、10〜16m(延べ竿の長さ)先をピンポイントでチョーチン釣りすることである。まず、釣り人は、seatbox(シートボックス)と呼ばれる、日本でいうところのヘラ台のようなものに座る。このシートボックスには、仕掛けや、その他の用具が格納できるようになっており、座る上部にはクッションが付いていて、座り心地もよい。ただし、このシートボックス、高価なものが多い。

Elasticという代物

 シートボックスに座った釣り人は、ポールを継いでいく。ポールは通常並継であり(一部振出式の廉価版もあるが)、トップキット(穂先の2〜3セクション)の部分には一部振出の部分もあることがある。トップキットには、elastication(エラスティケーション)という処理が施されている。これは、elastic(エラスティック)と呼ばれる、非常によく伸びるクッションゴムを、トップキットの内部に通して装着し、そのエラスティックの先に、仕掛けを結び付けるシステムである。前述の通り、ポールフィッシングでは、ポール(竿)自体は基本的に立てず、スライドさせて魚を寄せてくる。その際の緩衝材として、エラスティックは機能する。さて、ポールを組み立て終わる前に、pole roller(ポールローラー)と呼ばれる、ポールをスライドさせる際に乗せる台を、釣り座の後方に置いておく必要がある。これを置く位置は、近すぎず、遠すぎずが肝要だ。トップキットを外したポールが、ポールローラーと釣り人の間を橋渡ししたような状態になることができるようにセッティングする。

ポールは振り込まずにスライドさせる

 さて、ポールローラーもセッティングし、ポールも組み立て終えたら、いよいよ実釣だ。ポールは基本的に水平に、仕掛けは水面を這っていくようにしながら前へ前へ送り出していく。狙うポイントが近付いたら、少しポールを持ち上げて仕掛けを浮かせ、最後にポールを張りだせるところまで張り出して、狙ったポイントへ仕掛けを落とす。仕掛けは短いチョーチン仕掛けである。基本的に、竿先の真下を糸が比較的張った状態でチョーチン釣りする。

便利なPot

 次に、pot(ポット)と呼ばれる、小さなカップについて説明しよう。これは、ポールのトップキット(穂先部)に装着しておくもので、ここに撒き餌を入れて、ポールをくるりと回転させると、撒き餌がピンポイントで仕掛け付近に落とされるという仕組みになっている。ポットには、別の使い方もあり、たとえば、仕掛けの餌の付いた針をポットに入れておいてポールを送り出し、狙ったポイントでポットをひっくり返し仕掛けを落とすという方法がある。これは、ポールを送り出している途中に仕掛けが絡んだり、餌が落ちたりするのを確実に防いでくれる。

撒き餌をするか否か

 後は魚がかかるのを待つだけ・・・ではない。基本的に、ポールフィッシングでは、カタパルトと呼ばれる飛ばし具を使って、撒き餌をコンスタントに行う。これは、手で撒き餌を投げることで行ってもよいが、精度は下がるだろう。とにかく、撒き餌をしっかり行うことは大切なことだ。ただし、これはあくまで欧州でのマッチフィッシング(競技釣り)での話であって、日本の野川で自由に行うポールフィッシングでは、様々な釣り方が考えられる。そのような場合、必ずしも撒き餌をしない釣り方も十分に考えられるだろう。

ポールはあくまで水平が基本

poleの構え方

▲ポールはこのように水平に構える。シートボックスや補助ポールローラーがあると楽だが、簡素な椅子だけでも十分機能する。

 とうとう、魚がかかったら、ポールフィッシングで使用される小さなウキは、すぐに沈みよく分かることだろう。ウキが姿を消したならば、素早くポールを若干上へ持ち上げる。この際、持ち上げすぎてしまうと、小さな魚では仕掛けが短い分だけ水上へ放り出されてしまうし、大きい魚ではエラスティックや穂先に過度な負荷がかかる。普通の釣りの時のような大合わせは禁物だ。竿が長い分、少しの持ち上げで穂先には十分な上昇が生じる。角度でいえば、水平に保たれたポールを、10〜20度持ち上げるだけで十分だ。(もちろん、場合によって、また対象魚によって、この角度は往々にして変化する。)

Elasticの出番

ポールを後方へスライドさせる

▲魚がかかれば慌てずに後方のポールローラーへポールをスライドさせよう

 魚がかかっても、もう慌てることは無い。よく伸びるエラスティックが魚の引きはいなしてくれるから、ポールを水平にしながら、後方へ後方へスライドさせていけばよい。もしもエラスティックがなければ、この段階で魚はバレてしまうことだろう。ポールの後端がポールローラーに乗ったら、スライドさせるのはより容易になる。こうなれば、タモの準備とトップキット(穂先部)を抜く準備を始めたい。魚が暴れだしたら、一時的にポールのスライドを止めてエラスティックのいなしに頼ればよい。

最後はヘラ釣りの如く…

ポールのトップキットセクションを外す

▲仕掛けの長さに応じて、トップキットプラスアルファの継で抜くようにする。長仕掛けならば4番や5番で抜いても良い

 ついにトップキット(穂先部)の後端が手に届けば、ここでトップキット以下をトップキットから抜いて置く。あとは、トップキットだけを持って、ヘラ竿の要領で、充分にトップキットを立てて魚を寄せ、長い柄を持ったタモで魚を掬う。エラスティックは非常に伸びるので、大物の場合、トップキットの長さは優に超える長さの仕掛け+エラスティックがあるために、長いタモは必須である。ただ、エラスティックの柔軟性のせいか、魚はそれほど暴れにくい。無事魚をタモに入れたら、速やかに針を外し、ビクに収める。

ポールの取り込み

▲小魚ならゴボウ抜きが手っ取り早い。大型魚はタモ網で掬うこと。

英国ダイワ YANK'N'BANK Pole 10m
daiwa uk の10mのポールです。
1kgを超えるものが多い中、自重約700g弱とポールの中ではきわめて軽量で、初心者にも扱いやすいポールです。
延長グリップをつけることで10mになり、逆に元竿と延長グリップを使用せずに8.5mとして使用することもできます。

このポールはマージンフィッシングといって、池や川の淵をピンポイントで狙い、コイなどの大物を釣り上げる釣り方にも対応するように、パワートップキット(パワータイプの替え穂先)が2本付属しています。
このトップキットを使用することで、大物釣り用のマージンフィッシングが楽しめます。

★自分でエラスティケーションができるか心配・・・
そんな心配は必要ありません!
今回は、全ての穂先(替え穂先含む)にエラスティケーションを施しておきましたので、このまますぐに使用できます!

全体を通して非常に頑丈なカーボンでできており、大物釣りに適しながらも一般的なマッチフィッシングにも使用できる、普遍性を持ったモデルです。

付属品
・パワートップキット2本
・延長グリップ
・チューブケース

仕舞寸法約155cm

※通関等の際の多少の小傷、擦り傷などがある場合があります。
35,700円
在庫あります。ご注文を!

ポール購入はこちら

ポール概論

ポールフィッシング
▲数々のポールフィッシング方法論に関するFAQをまとめました

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ