HOME ? 異国釣法学びの間 海外の鯉釣りなど ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングとは ? 鯉釣り/鮒釣りに フィーダーフィッシング魚種別攻略法
鯉釣り、鮒釣りに フィーダーフィッシング魚種別攻略法

カープフィッシングだけじゃない! フィーダーフィッシング・魚種別攻略法

フィーダーフィッシングでの大型のコイ釣り

 大型〜中型のコイ

 80cmクラス以上の大型の鯉は本場欧州ではあまりフィーダーフィッシングの対象とはされていないが、充分に狙うことが可能である。フィーダーロッドの中でも特にヘビーなタイプのロッド、100g程度を投げられるフィーダーロッドを選択する事から始めたい。基本的にはオープンスペースでの釣りが望ましい。ラインはナイロンでは3〜4号程度、PEなら1〜1.5号程度を目安に適宜増減させる。フィーダーロッドのガイドは小さく太糸は通らないこともあるので、ある程度以上の強さのラインを使いたい場合はPEが選択肢として入ってくるだろう。
フィーダーロッドでの大鯉釣りは、軟調子ロッド+細糸でのスリリングなやり取りが魅力だ。リールは無論ベイトランナーリールを選択し、ドラグは緩めでやりとりする。止水域や下流域での釣りになるであろうことから、仕掛けはメソッドフィーダーを用いた仕掛けがもっとも効果的だろう。インラインのメソッドフィーダーの先に付け餌としてボイリーかコーンなどを用いる。イミテーションベイトを用いるのも面白い。メソッドフィーダーに載せる撒き餌は一般的なダンゴ餌のほかに水に浸したペレットなども良く用いられる。
フィーダーでの鯉釣り

 中型〜小型のコイ

 50cm〜60cm程度までの鯉がメイン、本場欧州ではこのクラスの鯉こそがフィーダーフィッシングのもっぱらのターゲットである。このクラスの鯉の場合数釣り狙いとなろうことから、釣り場の選択及び撒き餌の選択には気を使いたい。タックルはフィーダーフィッシングの最も一般的なタックルで構わない。
 30〜40cm程度の鯉が多い場合はフィーダーにも一工夫、ゴム付きのフィーダーを用いると寄せてからのバラシガ少なくなる。小さめの鯉は足元でよくばれる為このようなゴム付きのフィーダーが便利である。ダンゴあるいはペレット+メソッドフィーダーでの先述の仕掛け以外にも、流れのある場所ならばサシムシを撒き餌として搭載するフィーダーを用いるのも面白いが、日本ではサシムシの大量売りがなされていないので不経済であるのが難点だ。
 或る程度以上の流れのある場所でダンゴ餌をフィーダーに用いる場合は、KORUM リバーフィーダーのようなスタイルのフィーダーを用いないとすぐに撒き餌が無くなってしまう上にフィーダーが流れに負けるので注意。
フィーダーフィッシングでのヘラブナ釣り

 ヘラブナ

 へらぶなはフィーダーフィッシングの外道として良く掛かる。専門に狙う場合はやはりメソッドフィーダー仕掛けでライトなフィーダーロッド+細糸で狙いたい。付け餌は小さなペレットや食パン、そして意外にもミミズが効果的なことがある。撒き餌はダンゴ餌が良い。ピンポイントキャスト性に優れたショートタイプのフィーダーロッドがお勧めである。
カープフィッシングメソッド、フィーダーフィッシングでのニゴイ

 ニゴイ

 流れのある川でフィーダーフィッシングを行うと良く掛かるのがニゴイである。外道としての認識がもっぱらであるが西洋ニゴイ、バーベルは欧州では人気のターゲットである(もっとも西洋ニゴイは日本のニゴイとは微妙に姿も異なるしサイズも大きいが)。ニゴイも70cm近くになるとかなりの引きであり、また釣れる場所が比較的流れのある場所であるので引きも楽しめる。
 ニゴイを専門に狙う場合はフィーダーフィッシングというよりもミミズ餌でのクイバーティッピングが効果的である(※錘はガンダマではなく5〜10号程度で適宜調整する)。即ちフィーダーロッド+ベイトランナーリールに2号〜3号程度のナイロンライン、あとは錘にミミズ餌のシンプルな仕掛け、撒き餌は特に不要である。ニゴイが好む中流域でははっきり言ってフィーダーに載る程度の撒き餌では効果が少ないし、そもそもニゴイのダンゴに対する反応性もあまり高くない。
 どうしてもフィーダー仕掛けで狙う場合はリバーフィーダーを用い、それでもやはり付け餌は圧倒的にミミズが有利である。
カープフィッシングメソッド、フィーダーフィッシングでのナマズ

 ナマズ

 ナマズもカープフィッシングなどの外道でよく掛かるが、専門に狙う場合はクイバーティッピングで狙うのが良い。止水〜下流での釣りになる為錘はガンダマで近距離を正確に狙う。アシの際や中洲の縁等を探っていく。餌はミミズで良いが状況によって蛙や小魚を用いるのも面白い。フィーダーロッドで泳がせ釣りを行うと穂先に餌の魚の振動がよくあらわれ、ナマズが近付いているのも読み取ることができる。タックルパワー的にはライト〜ミドルクラスのパワーで十分である。

新しいカープフィッシング、フィーダーフィッシングのコンテンツ フィーダーフィッシングイントロダクションフィーダー用タックルの選定フィーダーフィッシングの実際異国釣法学びの間 フィーダーの仕掛けクイバーティッピング 正確なキャスティング魚種別攻略法フィーダーの餌について海でのフィーダーロッド

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ