HOME ? 異国釣法学びの間 海外の鯉釣りなど ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングとは ? 新たな鯉釣り、フィーダーフィッシングにおけるキャスティング
新たなカープフィッシング、フィーダーフィッシングでのキャスティング

  新たなカープフィッシング、フィーダーフィッシングでのキャスティング

フィーダーフィッシングとキャスティング

 フィーダーフィッシングにおいてキャスティングとは、距離よりも正確性が求められるものとなる事は想像に難くないだろう。効果的な撒き餌を実現する為には常に正確なポイントへのアキュラシーキャスティングが求められる。常に同じ場所にキャストが出来れば、撒き餌は積み重なり、次第に魚を寄せる事が出来るだろう。仮に毎度毎度投げる場所が異なれば、たまたまそこに居合わせた魚には口を使って貰えるかもしれないが、多くの場合それはフィーダーによる撒き餌が無くとも成され得たことだろう。フィーダーの存在意義は、正確なキャストと共にあるのだ。

アキュラシーキャストの実際

 では何をどうするか。簡単にアキュラシーキャストと言うが、実際に現場で数十メートル先の1m四方にキャストを繰り返す事は容易いことではない。しかし、練習を重ねれば不可能ではないこともまた、事実である。ともすれば遠投ばかりが注目されるキャスティング技術だが、現場で求められるのは距離よりも精度である。ここでは必ず狙ったポイントにフィーダーを落とす方法論について考えたい。

方向性を定める

 正確なキャスティングとは、方向性と距離の二要素から成り立っていることはいうまでもないだろう。このうち、まず方向性について話を進めたい。物理的にいえば、竿を真っすぐ振りおろせば風などが無い限り仕掛けはまっすぐ飛んで行く。しかし人間の体、運動には常に左右非対称性があり、そもそも右投げ、左投げいずれにしても構えの段階から完全に左右対称と言うのはあり得ない。問題は、どこまで限界に近づけるか、ということだ。
 異論は色々あろうが、ともあれ精度を求めるならばスリークウォーターはやめにして完全に剣道の面打ちをイメージしたぶら下げオーバーヘッドを採用したい。必ず頭上に竿を構え、リールの傾きもチェックすること。そして、竿は振りかぶり過ぎない。ロッドエンドは遠投の時のように大きく突き上げるのではなく、目線に入るくらいで構えを行う。そして、このロッドエンドの向きこそが、目指す目標物と重なるようにする。目標物は対岸の木や岩といったもので良い。前提として投げる位置は寸分たりとも異ならない様にしておく。チェアに座ったままキャストするのも構わない。むしろ海外の現場ではこちらの方が一般的である。ロッドエンドが銃の照準のようになれば、しめたものである。
 構えは整った、あとは投げるだけ、しかし投げる動作ほどブレやすい動作もない。ではなぜブレるのか。仮にスローモーションで素振りをするだけなら、まっすぐ竿を振りおろす事は難しくないだろう。ブレるのは、一つにはスピードの出し過ぎ。遠投を要しないのだから、また、軟調子のフィーダーロッドであるからじんわりと胴に負荷をかけてゆっくり投げてやればよい。
 もうひとつ、ブレる要因は力の入れ過ぎ。これは遠投では無いのだから、左手の引きも右手の押しも大して意識しなくてよい。また、遠投では必要な前後のスライド的運動、竿を前へ曲げ込んでいく運動も要らない。純粋に竿を振りおろせばよい。力を抜いて、ただ単純に、振りおろせばよいのだ。それでも、40mや50mは十分に射程距離に入ってくる。それだけあれば、多くの釣り場では十分だろう。

垂らしの長さと精度

 垂らしについて少し考えてみたい。方向性だけでなくリリースのタイミングにとっても垂らしは影響を与えるのは言うまでもない。一般に、垂らしは長い方が飛距離は出るがブレが起こり易くもなる。短い垂らしは安定性があるが飛距離が不十分で結果として余分な力を必要としそこでブレを生む可能性がある。
 アキュラシーキャストでは垂らしは50cmを越えることはあまりお勧めできないがかといって0cmに近付けるといくら近距離でも届かない場合がある。これをカバーするために振り幅を増やすとロッドエンドを照準と化せなくなる、ブレが生まれるといったことが起こる。したがって、結論的には垂らしは30-50cm程度を目安にあとは狙う距離によって多少調整するのが良い。肝心なのは振り幅をあまりとらずに投げてちゃんと届くだけの垂らしを確保しておくことである。また無用に短い垂らしは肝心の遠投時のリリースタイミングに狂いを生むことがあるので避けておきたい。
 ただし、風が非常に強い場合等は垂らしを限りなく0に近付ける場合もある。逆に、仕掛けの種類が限られるがペンデュラムキャストは左右のぶれが非常に少ないキャストである。このキャストでは垂らしはリール付近まで取るのであって、ここでは垂らしを長くする方が軌道が安定する傾向にある。あまり使う機会はないかもしれないが覚えておいて損はないキャスティング方法だ。

            

距離を定める

 方向性に比べて、距離は遠近感が分かりにくく何らかの方策が無いとフェザリングもどのタイミングでやればいいのか分かりにくいことだろう。お勧めはボイリーフィッシングでも用いられる通りリールのライン止めにラインをある程度の所で掛けておき物理的に距離を決める方法。あとはマーカーフロートを利用する等の方法がある。
 しかし、これらの物理的な方法とは別に、やはり近場の障害物などを狙う場合は自身のフェザリング技術できちんとピンポイントを狙えたほうがスマートだろう。こればかりは文章にするのは難しいが、経験を重ねれば20m程度の距離ならばかなりの精度で狙えるようになるはずである。

遠投技術は不要か

 ここまで読まれた方にはあたかも正確度キャスティングには遠投技術は不要であるかのように思われた方もいらっしゃるかもしれない。しかし、方向性を定めるところでも書いた通り、力を抜いてキャストすることが正確なキャスティングには必要になる以上、土台となる遠投能力があればある程余裕を以てキャストができることになる、これは精度の向上につながることは言うまでもない。フィーダーをどんなに頑張っても40mしか投げられない人は、40m先のピンポイントを狙うことは困難極まりないものだろう。 しかし80m飛ばせる人であれば、40mはかなり楽に投げても届くのであり、フォームを精度優先に改変しても十分届くことになるだろう。
 結局のところ、竿に負荷をかける技術、リリースのタイミングといった遠投の土台があってこその正確なキャストであり、遠投と精度は切っても切れない関係にあるのである。

新しいカープフィッシング、フィーダーフィッシングのコンテンツ フィーダーフィッシングイントロダクションフィーダー用タックルの選定フィーダーフィッシングの実際異国釣法学びの間 フィーダーの仕掛けクイバーティッピング 正確なキャスティング魚種別攻略法フィーダーの餌について海でのフィーダーロッド

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ