HOME ? 異国釣法学びの間 海外の鯉釣りなど ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングとは ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングの仕掛け
鯉釣りに最適なフィーダーフィッシングの仕掛け

   新たなるカープフィッシングメソッド、フィーダーフィッシングの仕掛け

 ここでは仕掛けを見ていこう。様々なリグがあり、此処に載っていないリグでも勿論使用可能である上、自分で開拓して行くのも面白い。下記に一般的なリグのいつくかを紹介するが共通して言えることは以下の点だ。 まず、針の付いたハリス部分のラインは、通常は道糸の半分から3分の2程度の号数にしておくとよいだろう。
もっとも、この辺りは狙う魚や釣り場の状況によって臨機応変に対応すべきである。各魚種別の具体例は フィーダーフィッシング・魚種別攻略法 を参考にされたい。
 ハリス部分の長さは、大体50cm程度を目安に、状況によって長さを変える。例えば、食い渋る時はこの長さを1.5〜2m近くにしても良いし、逆に繊細なアタリを取りたい場合は15cm程度迄短くして感度を上げても良い。
海外の管理釣り場などでは数センチ程度にまで短くされることもある。
 要は、渓流釣りの錘から針までの長さに似ている。長ければ食いは良くなるがアタリが取りにくい、短ければその逆である。
なお、針については魚種別に適した針を選択するが、付け餌によってはヘアリグも用いられる。この辺りの点についても フィーダーフィッシング・魚種別攻略法 を参考にされたい

鯉釣り等に使えるフィーダーの遊動仕掛け

 最も一般的な遊動仕掛けである。いわゆるメソッドフィーダースタイルにも用いることが出来、仕掛けの構成も単純で作り易い。ハリス部分は直結でもいいのだがループトゥーループノットで結んでおくと交換も楽だ。フィーダー周りが絡みやすい場合はシリコンチューブでカバーしてやると良い。なお、レッドコアなどを併用したり、クッションゴムをかませたりする方法も存在するが、これらはそれぞれ利点がある一方、感度という点においては不利益しかもたらさない。

カープフィッシングの新メソッド、フィーダーの固定仕掛け

 半遊動、固定仕掛けも一般的である。これもいわゆるメソッドフィーダースタイルにも用いることのできる汎用性の高いリグである。

コイ釣りに適したフィーダーの胴突き仕掛け

 胴突き仕掛けは底が藻等障害物の多い場でしっかり餌を浮かせられるようになるメリットがある。
 上図の通り枝針の様に1本の食わせ針を繋ぐだけで良い。結束はいわゆるサージャンズノットが適している。
 中通し式のフィーダーならキャロライナリグのようにしてセットする。他にも、色々なセッティング方法を考案するのも面白い。

鯉釣りや鮒釣りに適したフィーダーの胴突き仕掛けその2

 こちらは胴突き仕掛けのようだがハリスを長くしてしっかり針を着底させるスタイル。これも遊動仕掛けなどと並んでポピュラーなスタイルだ。

新しいカープフィッシング、フィーダーフィッシングのコンテンツ フィーダーフィッシングイントロダクションフィーダー用タックルの選定フィーダーフィッシングの実際異国釣法学びの間 フィーダーの仕掛けクイバーティッピング 正確なキャスティング魚種別攻略法フィーダーの餌について海でのフィーダーロッド

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ