HOME ? 渓流竿、鮎竿、ヘラ竿などの中古釣り具買取・延べ竿市場 ? 査定のポイント
中古鮎竿、渓流竿、ヘラ竿等釣り具買取・延べ竿市場
 
査定のポイント〜あなたの釣り竿の状態は…?


ここでは、延べ竿市場が実際に査定を行う際のポイントの一部をご紹介します。 どのように釣り竿の状態が判断され、査定に繋がるのか…? ご売却に際し参考になさってください。

程度評価のランク付け
 

延べ竿市場ではお客様の釣り竿の状態をおおまかに下記のランクで評価し、査定の基礎といたします。ランク一覧は以下の通りです。

なお、実際には「上〜中」や「中〜下」などの評価もあり得ます。

 

新品同様:箱を含む付属品がすべて揃っており、未使用あるいは使用はしたが傷なし

 

極上:数回の使用のみでほとんど傷がない

 

:いわゆる美品。いくつかの小傷はあるが殆ど目立たない

 

:小傷や線傷はいくらかあるが全体を見れば「まずまず」と思える程度

 

:使用に問題はないが小傷や線傷が全体的に多くある

 

下の下:使用は出来るが傷が多く塗装なども経年劣化がある

 

欠損品:口欠けやカーボンのはく離などがある。今すぐ使用には差し支えないが

注意を要するレベル。

 

使用に差し支える欠損品や部品取りしかできない、いわゆるジャンクは買取いたしかねます。

 

【各ランクの価格への影響】

新品同様と下の下では数倍の差があります。

あくまで仮定の話ですが、例えば現行カタログモデルの商品では、

50,000円が定価とすれば新品同様のランクの買取価格が20,000円程度です。

これが下の下ランクになりますと7,000円程度になります。

およそ3倍の差が出ることになります

(実際にはニューモデルで下の下ランクになることは少ないと思いますが)

 



どのような傷があると評価に影響するのか

 

ブランクスのいわゆる小傷や線傷といったものが、傷の大半を占めますので、

上記のランク付けもそういった傷を前提としています。

 

しかし、実際には傷は多種多様で、その中には口欠けや口割れのような致命傷に

つながるものや、グリップの傷のように実用にはなんら問題のないものもあります。

 

【口欠け、口割れ】

口欠けは小さなものでも評価を下げます。

例えば、口欠けを除けば「上」の品でも、一つ口欠けがあれば「中」の評価に

なることがあります。

また、数ミリ以上の口欠け、それが特に穂先寄りの場合は、使用に影響が出かねませんので更に評価を下げることになります。

また、微細なもの以外の口割れは、1〜2ランク下がりか、買取不能の場合もあります。

 

【グリップの変性】

しっとりグリップなどのグリップは粘着質になったりゴムがはがれたりしますが、

これらは実用上はあまり問題はないのでランクは1ランク下がり程度が普通です。

また、籐巻などのグリップ改造品も同様です。

 

【カーボンの内側のはく離】

延べ竿には比較的散見される、内側のカーボンの繊維はく離。

これは程度にもよりますが1〜2ランク下がりです。

あまりに大きなはく離は買取不能の場合もあります。

 

【尻栓の傷】

これは「中」以下の商品では殆ど査定に影響しません。

「上」以上では小さな影響はあります。

 

【尻栓の固着】

固着は使用に大きく影響しますので2ランク程度下がります。

色々な手段でなんとか固着を外して頂くのが賢明です。

 

【穂先の補修】

トップを数センチ詰めている、などのケースは、「中」以下の商品では

それほど影響しませんが、詰めている長さが10cmを越えて来るとランク下がり

は必至です。単にリリアンを交換している、というのであれば影響はありません。

ただし、「上」以上の商品では査定がシビアになりますのでいくらか影響は

出ます。

 

【ロゴシールはがれ】

稀にロゴシールが剥がれてなくなっているものがあります。

商品の顔ですのでランク下がりはありますが、実用には問題ないので1ランク

下がりが普通です。

 

【付属品について】

「上」以上の商品では上栓、竿袋などの付属品は付いているのが前提となります。

「新品同様」では箱を含むすべての付属品がそろっている必要があります。

 

逆に「中」以下の商品では竿袋、上栓が紛失しているも該当してきます。

竿袋と上栓、重要度は上栓の方が上です。

指針としては

上栓の紛失…1ランク下がり

竿袋の紛失…影響なし〜1ランク下がり

となります。

 

結論としては、

「上」以上のランクの査定はシビアです。

「中」以下のランク査定は実用主義で、使用に問題のない傷などは

影響は小さくなります。

 

傷や付属品の有無についても、「それが使用に挿し障るか」という視点で

評価されます。見た目にはかなり酷いグリップの傷よりも、穂持ちの数ミリの

口欠けの方が評価を下げることも多いです。

 

 
中古釣り具買取・延べ竿市場の渓流竿データベース 中古釣り具買取・延べ竿市場の鮎竿データベース 中古釣り具買取・延べ竿市場のヘラ竿データベース 中古釣り具買取・延べ竿市場への見積り依頼はこちら 中古釣り具買取・延べ竿市場の買取価格一例へ 中古釣り具買取・延べ竿市場トップへ

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ