HOME シマノルアーロッド通販特集
人気・おすすめのシマノルアーロッド販売特集 おすすめ・人気のシマノルアーロッド、トラウトロッド、ライトソルトルアーロッドの販売

 ここでご紹介するロッドは日本で言う(ネイティブ)トラウトロッド、ライトソルトロッドに相当するロッドたちです。 最近はライトゲームの人気が高まりこのタイプのロッドは需要も高くなっています。

 どれも比較的リーズナブルなばかりを揃えておりますので、気軽に使うことが出来ます。欧州ではspinning rod と呼ばれるカテゴリーのロッドで、これは純粋にスピニングのルアーロッドというものです。

シマノのトラウト・ライトソルト向けルアーロッドはこちら

全メーカーのトラウト・ライトソルト向けルアーロッドはこちら

おすすめ・人気のシマノルアーロッド、シーバスロッド、フラットフィッシュロッドの販売

 このロッド群は日本で言う所のシーバスロッドやフラットフィッシュ用ロッドに類似するもの達です。

 基本的には9ft前後のM〜Hクラスのspinnning rod が中心となっており、スペックだけ見ると少し硬めのロッドが多く見られますが、海外のロッドは比較的曲げ込んでいくような調子のものが多いので、日本でのキャスティングウェイト表記より少し重めのものを選んだほうが良いかもしれません。この辺りは好みの問題でもあります。

シマノのシーバス・フラットフィッシュ向けルアーロッドはこちら

全メーカーのシーバス・フラットフィッシュ向けルアーロッドはこちら

人気・おすすめのシマノルアーロッドの販売、青物のショアジギングやアカメなどに

 ここのロッドはかなりヘビーなspinning rod が中心で、日本でのショアジギングロッドやアカメロッドなどに相応するクラスになります。 一部デッドベイト用のロッドもありますが、spinning rodとそう大差はありませんのでルアー釣りでも十分使うことが出来ます。 なかなか日本のヘビーロッドは高価なものが多いですが、こちらでご紹介しているロッドはそれに比べてお求めやすいものが多いです。

シマノの青物・アカメなど大型魚向けルアーロッドはこちら

全メーカーの青物・アカメなど大型魚向けルアーロッドはこちら

おすすめ・人気のシマノルアーロッド、海外遠征や超巨大魚用ロッドの販売

 ここでご紹介しているロッドは、ズバリヨーロッパオオナマズを釣るためのcatfish rodです。

 デッドベイトやライブベイトでの釣りが主ですのでどちらかというとブッコミ釣りや泳がせ釣りなどに用いるのが 本来的ではあるのでしょうが、ビッグサイズのルアーでの釣りにも十分用いることが出来ます。 2mクラスのヨーロッパオオナマズをボートあるいは岸から釣るためのロッドですので、GTロッド等に相応するクラスと言えるでしょう。ただし、ベイトリール向きのロッドも多いのでご留意ください。

シマノの海外遠征・超巨大魚向けルアーロッドはこちら

全メーカーの海外遠征・超巨大魚向けルアーロッドはこちら

おすすめ・人気のシマノルアーロッド、ビッグベイトや雷魚に最適なベイトロッドの販売

 スピニングロッドに比べて、ベイトロッドは比較的種類が少ない中で、このロッド群はヘビーなベイトロッドを集めたものになっています。日本ではライギョやナマズ、ビッグベイトでのバスフィッシング等、内水面の大型魚狙いが最適になるでしょうが、海でのボートからの釣りなどにも流用できそうです。

シマノのヘビーベイトルアーロッドはこちら

全メーカーのヘビーベイトルアーロッドはこちら

Tips 欧州シマノルアーロッドのシリーズ名について

 シマノと言えば日本でもダイワと並び非常に人気の高いメーカーですが、欧州でもシマノのロッドは高品質、高付加価値の 商品として認知されています。

 シマノのロッドはルアーロッドだけでなく、マッチフィッシングロッドや投竿などとも共通のシリーズ名を付けられたものが多く、これでおおよその竿のランクや特質を知ることが出来るようになっているのが特徴です。

 例えば、「アリビオ」シリーズはルアーロッドでも投竿でも存在しますが、これはいずれのカテゴリーでもリーズナブルな価格帯でリリースされており、エントリーモデルと言えます。ただ、エントリーモデルとはいえ、いわゆるワゴン品のようなロッドではありません。実際には、このクラスよりさらに下のランクのロッドも存在しており、その多くがグラス中心のロッドです。「アリビオ」シリーズはXT30カーボンを中心としたクラスですので、充分メインロッドとして使えるクラスです。 なお、このXT○○というのは、数字が大きいほど高価な高弾性のカーボンという理解でよろしいかと思います。

 「カタナ」や「ベンジェンス」といったシリーズはこれの上のランクで、コストパフォーマンスが良く、LEELでも中心的に取り扱い、人気の高いシリーズ群です。ブランクスはXT30カーボンが中心で、XT40との複合なども見られます。

 「フォースマスター」や「ネクサーブ」などは更に上のランクで、本格派におすすめのスペックです。 ブランクスもXT30/40から、XT60も含まれるようになって来ます。また、ファインクリスタルカーボンなども散見されるようになります。

 「ビーストマスター」になりますと、カテゴリーによっては最上位に位置づけられることもあるクラスになります。 ブランクスはXT60などが中心になります。

 これより上のランクは、「アスパイア」や「レサト」、「テクニウム」、「アルテグラ」など色々ありますが、カテゴリーによっては存在しないものも多くなります。ルアーロッド等大きなカテゴリーでは上位ランクのシリーズも多くありますが、この辺りのランクのロッドは非常に高価になりますので、取り扱いは現在のところ限定的となっております。

 ここまで読み進まれた方には、日本でのシリーズ名が結構流用されているのだと気付かれた方も多いのではないでしょうか。「アリビオ」や「アルテグラ」などは日本ではリールの名で有名ですが向こうではロッドにも使われており、「ネクサーブ」などは自転車で有名な名称です。「フォースマスター」や「ビーストマスター」のように船釣り関係の名称が向こうでは一般のロッドに用いられたりもしています。

 ただ、ここで気をつけなければいけないのが、日本での名称が示すランクと、向こうでのランクが必ずしもきちんと一致しないことがあるということです。例えば、確かに「アリビオ」は日本でも欧州でもエントリーモデルでしたが、「アルテグラ」は日本のリールのイメージではせいぜい中級クラスのイメージですが向こうでは比較的ハイエンドに近いモデルに見られる名称です。また、投竿では「サーフリーダー」と言えばエントリークラスの竿ですが、「サーフリーダー」は欧州シマノのハイエンドモデルの投竿の名称にも用いられています。

 したがって、日本での名称イメージはおおまかには合っていることが多いですが、例外もあるということを覚えておく必要があります。

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ