HOME 海外のシマノ、ダイワ等のロッド、その特徴

海外釣り具の通販ならLEEL!海外のロッドの特徴とは?

 海外輸入釣り具オンラインショップLEELでは、海外のシマノやダイワを始めとしたトップブランドの輸入釣り具を 扱っていますが、これらの海外釣り具は日本の釣り具とどう異なるのでしょうか?

 海外釣り具と日本の釣り具の差が出やすいのは、おもにロッドであるといえます。 リールについては、海外でもシマノやダイワといった日本のメーカーのものが 一流品として出回っており、日本のモデルと似たようなモデルがほとんどであるからです。 実際、海外のシマノやダイワの一般リールは、日本のモデルと型はほとんど同じで 名前やカラー、パッケージが異なる程度のものが多いです。 リールに関しては、このような状況から、日本のほうが安く、同程度の性能のものを 手に入れることができます。

 ただし、リールでも、日本にないようなモデルもいくつか存在します。 たとえば、欧州スタイルのカープフィッシングで重宝される、ベイトランナー式の リールなどは、日本では手に入らないモデルになります。

 では、ロッドはどうでしょうか? ロッドは、釣り方、対象魚、その地の文化などでさまざまなバリエーションが生まれます。 また、リールのように、画一的な方向性(たとえば、スムースな巻き心地など)が生まれにくく、 その人その人によっての好みが多様に出るものです。

 海外のロッドは、まず日本とは異なる釣り方、文化、対象魚、投げ方などを背景として、 日本のモデルとは異なった性格のものが多くあります。 こういったものは日本人には向かないのでは?と思われるかもしれません。 しかし、昨今の釣りの多様化により、そもそも既成のロッドレンジでは各人の釣りに 対応できなくなっているのが現状といえます。そんな中で、海外の多様なロッドは きっと大きな一助になることでしょう。

 もちろん、海外のロッドはデザイン的にもやはり日本とは異なったものが多いです。 たとえばpoleと呼ばれる16m近いものまであるのべ竿は、まるでF1カーか何かのようにカラフルでで スタイリッシュです。同じのべ竿の釣りをしていても、こんなロッドを使っているだけで なんだか違う気分になれるものです。

海外のポールフィッシング用ロッド ▲ maver社のカラフルなpole

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ