HOME ? 異国釣法学びの間 海外の鯉釣りなど ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングとは ? 鯉釣りに フィーダーフィッシングのタックル
フィーダーフィッシングタックルの選定

  新たなる鯉釣りの世界〜フィーダーフィッシングタックルの選定

  ロッド

フィーダーロッド
▲多くの小さなガイドを有する繊細なティップはフィーダーロッドの最大の特徴。替穂先を標準装備していることも多い


 それではロッドの選択から始めよう。これは繊細かつ鋭敏なティップを有する専用のフィーダーロッド以外に
選択肢はないと言ってよい。この釣りではわずかな穂先の変化でアタリを読むため、この手の独特のティップ
を持つ専用ロッドが必要なのだ。ロッドには、キャスティングウェイトが表記してあるが、それ以外に、穂先にも何オンスといった表記がされている場合が多い。これは、穂先の繊細さを表している。例えばあるロッドはキャスティングウェイトが70gまでで、穂先は替え穂先を含めて2本付いている。この2本にはそれぞれ、1オンス、2オンスという表記がしてある。無論、前者が細く、後者は太めである。仕掛けの重さに応じ、穂先を使い分けるようになっているのである。

 あくまでも目安として、1オンスの穂先であれば非常に繊細な仕掛けを扱うのに適しており、ラインも4lb程度
を中心に考える。2オンスであれば8lb程度のラインで比較的オールマイティに使え、3オンス以上はボイリーフィッシング的要素がやや色濃くなり、メソッドフィーダーと呼ばれるダンゴ餌のフィーダーを遠投するスタイルなどにも用いられるようになる。繊細な穂先はアタリをよく出してくれるが風などには弱い。風のある時はワンランク上の穂先で安定性を持たせた方が良いだろう。

 このことを踏まえたうえで、ロッドの選定について述べると、まず広めの河川で流れもそれなりにある場所で
釣る場合、比較的パワーのあるタイプのロッドが求められる。ヘビータイプやパワータイプと名の付いた、キャスティングウェイトが75〜100g程度で、かつ全長が3.6m以上のものが望ましい。このクラスであると穂先の表記は3オンスや4オンスといったものが中心になる。キャスティングウェイトについては、もちろん流れの強い場所では大オモリを用いるからこれが大きめでないといけない。長さについては、比較的遠投しなければならない広めの河川では、短いロッドだとどうしても仕掛けまでのラインが水に浸り、ピンと糸を張ることが難しくなるからだ。長めのロッドで出来るだけ水流の干渉を避けるようなラインのセッティングを行いたい。

 逆に小規模の河川や池沼で釣る場合、ロッドはもっと短く2.7m〜3.3m程度でも良い。キャスティングウェイトも50g程度で十分かもしれない。穂先の表記は1オンスや2オンスといった類になるのがこのクラスだ。 オール
マイティなのは、3.3〜3.6m程度で、キャスティングウェイトが50〜75g程度のロッドだろう。 穂先表記は2オンス程度、これでおおよそ30m程度投げて釣るのが一般的なフィーダーフィッシングだ。いわゆるメソッドフィーダーと呼ばれるダンゴ用の重めのフィーダー仕掛けであれば80m程度飛ばすこともある。

 欧州のロッドにはよく見られるが、或るセクションを抜いても竿として使える、可変式のロッドもフィーダーロッドには存在している。これは非常に便利で、小さな河川から大場所までその時の状況に合わせて竿の長さを変えられる。


フィーダーロッドご購入はこちらから

  リール

 リールは一般的な小型〜中型スピニングリールで構わない。ラインはナイロンであれば1.5号程度を100mほど巻いて置けば十分だろう、と言いたいところだが、基本的に野釣りになる日本では、管理釣り場中心の欧州とは異なり不意の大物や障害物など細糸では不安な要素も多い。というわけで、お勧めは2〜3号程度のラインを100mほど、というものである。PEは勿論使用可能だが、感度は上がるが食い込みは若干劣る。元々遠投はしないのでその心配はあまりないのだが、特にナイロンの細糸を使う場合はキャスト時に注意したい。
 またフィーダーのロッドは比較的やわらかめのものが多いので、案外細糸でもドラグ設定さえきちんとしておけば大物にも対応できる。

  竿立て

鯉釣り用バンクスティック
▲バンクスティックがもっとも携行性に優れ使いやすい。

 次に必要なのは竿立てである。この釣りでは瞬時の合わせが必須となる。ボイリーフィッシングや吸い込み仕掛けでの釣りのようにアタリがあってから駆けつけて…というスタイルはこの釣りには向かない。というのも
この釣りは基本的にキャスト後まもなくのアタリを想定しており、更に餌取りが得意な小型〜中型魚をもターゲットにしているからである。いわば攻撃的なブッコミ釣りであり、決して待ちの釣りとは異なる。
 瞬時の合わせをするには、アタリと共に竿に手をかけることが出来なければならない。通常、椅子に座って釣るこの釣りでは、利き手のすぐ近くに竿を水平にセットすることがこれを可能にする近道だ。竿を水平にセットするには、ボイリーで用いられるようなロッドポッドを用いるのも手だが、あまりに仰々しいので、もっとシンプルな一本物の竿立てを二本用意し、竿の中ほどとグリップ付近に立てることで解決できる。
 よく投げ釣りに用いられるものでも流用できるが、カープフィッシングで用いられるバンクスティックを利用するのが良いだろう。リールが2つのバンクスティックの間にあり、前方のバンクスティックについたロッドレストには、バットガイドがかかっているようなスタイルがベストだが、状況によってこの辺りは臨機応変に対応したい。地面が土でなく一本物の竿立てを立てられない場合は、小型の三脚を2つ用意して代用することも可能だ

  仕掛け

 仕掛けについては フィーダーフィッシング・仕掛け を参照されたい。

  フィーダー

オープンタイプのフィーダー
▲このようなダンゴを練り付けるオープンタイプのフィーダーは最も拡散性に優れており止水域に最適だ。これは中通し式。

 フィーダーの種類にも色々ある。錘に金網が付いただけのようなものはダンゴ状の餌を練り付けて使用する。このタイプは拡散性に優れるが、流れのある場所には不向きである。逆に日本のカゴ釣りでも見られるような円筒あるいは箱型のケースに穴があいているようなタイプは、サシムシやコーンなど粒状の餌も使うことが出来、流れのある場所でも少しづつ餌を放出してくれるが、流れが弱いと餌がなかなか出ずに魚の寄りは悪い。
 したがって、流れの強弱で前者のようなオープンタイプか、後者のようなクローズドタイプかを選ぶと良い。

クローズドタイプのフィーダー
▲クローズドタイプのフィーダーはダンゴ状の撒き餌のみならず様々な撒き餌を運ぶことが出来るのが魅力
オープンタイプの鯉釣り用フィーダー1
▲ボイリーフィッシングでのメソッドフィーダーにも用いられるオープンタイプのフィーダーはこのようにダンゴに窪みをつけ…
鯉釣り用フィーダー2
▲そこに付け餌を置いた上でその上からダンゴを更に被せて使うことも一般的。雑魚対策と遠投能力が増す。ハリスは短めに。
鯉釣り用フィーダー3
▲少し付け餌を出した方が食いが良い場合もある。状況によってどの程度付け餌を「埋める」か使い分ける。

 フィーダーには通常錘が付いており、その重さも色々だが約1オンス程度を標準に、流れの強く太い場所では2オンス程度、逆に止水域でチョイ投げなら数グラム程度のものなど、その場に応じて使い分けよう。注意し
たいのは、あくまでもフィーダーには餌の重さが更に乗るので、自身のロッドのキャスティングウェイトから見て余裕のあるフィーダーを選びたい。また、食い気の悪い時には、いわゆる食い上げによるアタリしか出ないことがある。この場合、重めのフィーダーを使っていると、全くアタリが出ないことになりかねない。軽めのフィーダーなら、魚が食い上げて上流側に移動したとしても容易にフィーダーが動き、結果ラインの緩みや穂先の上がりでアタリを取ることが出来る。フィーダーの役割は、確かに仕掛けを底に固定するものだが、同時に魚が食いついた時には容易に底から離れることも求められるのだ。この意味で、重すぎるフィーダーは有害である。

オープンタイプのフィーダーの別バージョン
▲このようなフィーダーはオープンタイプながらも撒き餌の保持能力もあり、流れのある場所でも使いやすい
 

  餌

 餌については フィーダーフィッシング 餌について考える を参照されたい

新しいカープフィッシング、フィーダーフィッシングのコンテンツ フィーダーフィッシングイントロダクションフィーダー用タックルの選定フィーダーフィッシングの実際異国釣法学びの間 フィーダーの仕掛けクイバーティッピング 正確なキャスティング魚種別攻略法フィーダーの餌について海でのフィーダーロッド

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ