madcatヨーロッパオオナマズロッド特集
ドイツマッドキャット ヨーロッパオオナマズロッド特集

マッドキャットとは?
 マッドキャットは140年の歴史を誇るドイツの老舗釣り具メーカー、DAMのヨーロッパオオナマズ専用ブランドです。欧州では2mを越える巨大なヨーロッパオオナマズが生息しており、これを専門に狙うスペシャリスト達が数多くいます。マッドキャットはそんなアングラーの為にDAMが立ちあげたブランドで、様々な釣法に対応する豊富な種類のヨーロッパオオナマズロッドをリリースしています。

 マッドキャットのオオナマズロッドは、どれも怪魚ロッドとしては珍しくカラフルなデザインが印象的ですが、リーズナブルな価格設定やむやみに棍棒のような硬さを求めるのではなく曲がって獲るように設計されたベンディングカーブなど数々の特徴があります。そのどれもがメーターオーバー、さらには2m超えのヨーロッパオオナマズ、Wels Catfishを獲る為にデザインされたロッドです。

ヨーロッパオオナマズ釣り
 ヨーロッパオオナマズ釣りは、様々な釣法がある、奥深い釣りの一つです。大型のソフトルアーやハードルアーでのスピニング、つまりスピニングリールでのルアーフィッシングは日本人にとって分かり易い釣りでしょう。しかしこれだけがヨーロッパオオナマズ釣りのすべてではありません。30cmを越えるボールのような大型のウキを用いたショアからのウキ釣り、ペレットを用いた長竿でのショアからの釣り、そしてボートからのバーチカルな釣り・・・。クロンクと呼ばれる棒で水面を叩きヨーロッパオオナマズを呼びよせながら水面直下でボートから釣るような、あまりなじみの無い釣り方もあります。

ヨーロッパオオナマズは積極的な魚食魚というよりは、動かない動物質の餌なども好んで食べる魚ですのでルアー釣りよりもむしろ餌釣りに分があるターゲットでもあります。餌は生きた魚を泳がせるのももちろん用いられますが、大型のミミズの房掛けなどはヨーロッパオオナマズの大好物です。これを大型のラバージグの様なものにセットする事もあります。クロンクティーザーと呼ばれるもので、マッドキャットの人気ルアーです。
 上記の動画は世界的に有名な怪魚ハンター、ヤコブ・ワグネル氏がマッドキャットのグリーンシリーズ・インラインロッドを用いてヨーロッパオオナマズを仕留めたものです。

ヨーロッパオオナマズ釣りは、ショアからでもボートからでも行われますし、何百グラムという仕掛けはボートに乗って運んだ上でセットしたりと、ショアからの釣りでもボートの出番が多い釣りでもあります。ヨーロッパオオナマズロッドの多くは8ft〜9ft程度が最も多く、これはショアからでもボートからでも扱いやすいレングスとなっています。これより長いロッドはショア向き、7ft以下のロッドはボート向きですが、お好みでそれぞれボート、ショアから用いても勿論構いません。

マッドキャットロッドのシリーズ別特徴
 マッドキャットのヨーロッパオオナマズロッドは、ホワイト、グリーン、ブラックの大きく3つのシリーズがあります。これらに加え、2016年にはフラッグシップモデルとしてのコマンド、異色のキャットスティックが追加されました。

コマンド
2016年に追加されたフラッグシップモデル。ALPS社リールシートや40tナノカーボンを採用した最高級モデル。基本的には餌釣り用のヘビーなロッドです。

ホワイトシリーズ
3つの主要シリーズの一つ目は、ホワイトシリーズ、これはフラッグシップシリーズで最もハイエンドなシリーズです。このシリーズは純白のブランクスが特徴的で、見た目が美しいだけでなくモデルによってはダブルラッピングガイドの搭載Fuji Kガイドの搭載があったりと、機能面でも充実したシリーズです。白のブランクスは怪魚ロッドとしては珍しく、夜釣りなどでも見やすいというメリットがあります。

グリーンシリーズ
 二つ目はグリーンシリーズです。このシリーズはマッドキャットのシンボルカラーであるグリーンを大胆にもブランクスカラーに取り入れた、とてもおしゃれな怪魚ロッドとなっています。ミドルクラスのシリーズで、価格的にもお手頃ながら機能的にも優れており、マッドキャットシリーズの中で最も人気のあるシリーズです。元来クロンクフィッシング用に開発されながらトラブルレスで夜釣りにももってこいのインラインロッド(中通しロッド)もあります。

ブラックシリーズ
 三つ目はブラックシリーズです。控え目なデザインでどんな釣り場にもよく映えるブラックカラーを基調としたロッドデザイン。価格は抑えられながら上位機種にも負けない造りとパワーを有するハイコストパフォーマンスシリーズです。

キャットスティック
グラスを基調にカーボンテープで補強したブランクを持つとにかく頑丈さを追求した餌釣り専用ロッド。プライスクラス的にはグリーンシリーズに近いですが性格はかなり独特なロッド。大物餌釣りには最適。

マッドキャットロッドの調子
マッドキャットのヨーロッパオオナマズロッドは、釣法に合わせてその調子がそれぞれ異なっています。全体的に、スピンと名の付くルアーフィッシング用モデルは、ヨーロッパオオナマズロッドとしては先調子寄りで張りのある調子です。これによりルアーの遠投、アキュラシーキャストが可能となっています。
一方、オールラウンドヘビーデューティーといった名の付くモデルは、餌釣りにも対応したモデルで比較的胴に入る、やり取りが楽しい調子となっています。超大物相手によく粘るロッドで、ただ硬いだけの棍棒のようなロッドとは一線を画するロッドです。なお、餌釣りに対応したキャスティングウェイトが300gや400gといった超重量級ロッドでは、そのキャスティングウェイトからするといくらか柔らかく感じられることもあるかもしれません。これは、このような重量級仕掛けはもっぱら餌釣りで用いられる仕掛けであり、ルアーのようにシャープなキャストを繰り返すことを想定しておらず、じんわりと投げたり、あるいはそもそも投げずにボートで仕掛けを運んだりといったことが往々にして行われるためです。そもそも300gや400gの仕掛けをシャープに振りきることは困難ですし、ましてやキャストを繰り返すことは現実的ではありません。こういった超重量級仕掛けは、いわゆる「よっこらしょ投げ」が想定されていることをご理解下さい。
 その他、ホワイトシリーズの各モデルはそれぞれに特徴がありますが、上記の両者の中間的な調子であることが多いです。
 ペレットと名の付くモデルは特殊で、これはほとんどカープフィッシングのSPODロッドに近いものです。長さがありショアからの釣りに最適です。調子は胴に入る調子です。
 新しいコマンドキャットスティックは、正反対の調子となっています。前者は張りのあるカーボンブランクスでバット部もしっかりしていますが、後者はグラス基調なだけあってヘビーですが良く曲がり胴調子のロッドです。

超弩級怪魚竿

ヤコブワグネル監修の最強ロッドがD.A.Mブランドからリリース
マッドキャットブランドとは異なりますが、ピラルクーやアリゲーターガー、タイガーフィッシュ、そしてもちろんヨーロッパオオナマズまで対応する、モンスタービッグフィッシュロッド・マルチレングスが2016年にリリースされました。このロッドは2つの穂先を持ち実質2本分のロッドとなっており、現存する淡水魚ロッドとしては最強クラスの竿です。世界的に有名な怪魚ハンターのヤコブが監修した渾身の力作です。

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ