HOME ? 鯉釣り、フナ釣りのポールフィッシングとは ? 鯉釣り、フナ釣り…ポールフィッシングFAQ

エラスティックの交換方法はこちらを参照下さい
※新しくエラスティケーションを施す方法はこちらを参照下さい

Q1「ポールローラーはどの程度後ろに置けばよいのか」
A1
 これはとても重要なポイントである。基本的には、自分の脇にポールを抱えてみて、ちょうどバランスがとれてポールが前かがみにも後ろかがみにもならない状態をまず作る。
その時、ポールの後端がポールローラーを置くべき場所、ということになる。
こうすることで、ストレスのないポールの送りこみが可能になる。

Q2「エラスティケーションを施す際の、穂先につけるブッシュは外部式がいいのか、内部式がいいのか」
A2
 ブッシュとは、いわば穂先のカバーである。エラスティックはゴムでできているので、カーボンの穂先の鋭利な端で簡単に傷ついてしまう。故に、ブッシュで保護をするわけである。
ブッシュには外部式と内部式の2つがある。外部式は穂先の外から包み込むように挿入し装着するブッシュだ。利点は装着が簡単であること、細い先径の穂先に対応できるので、穂先を余計に切る必要がないことだ。
逆に短所としては、穂先の上に被せるが故に、そこに道糸などが絡んだ場合もつれの原因になる。
内部式の利点は、完全に穂先の内部に収まるが故にそういったもつれが起きにくいことが挙げられる。
短所は、内部に装着するが故に穂先の内径が大きくないといけないので、相当に穂先を切り落とすことが必要である。
結論として、外部式の方が初心者にはお勧めである。

Q3「エラスティックはどれだけの長さ、どれだけのテンションを掛けて通すのか」
A3
 エラスティックは、基本的にトップ、穂持ち、3番までのいずれかまでに通すのが普通だ。
小物狙いの小番手のエラスティックなら、トップだけに通す事もあるし、20番のような太いエラスティックは、3番まで通すのが通常だ。
エラスティックが長ければ長いほど、ショック吸収力は大きくなるので大物に対応できる。
テンションの掛け具合であるが、エラスティックと仕掛けを結ぶコネクターを、軽く引っ張ってするすると大人しく戻っていくくらいのテンションで通しておけばよい。
跳ねながら戻っていくようなテンションは強すぎる。逆に、ブッシュからコネクターがだらりと垂れているのはテンション不足である。
エラスティックを切断するときは適切なテンションに保てる長さで切り取ること。

Q4「仕掛けを送り込む際に仕掛けが絡んでしまう」
A4 
ポールをスライドさせて前方に送る時に、初心者は仕掛けを絡ませてしまいがちだ。
ポイントは、ポールを水面と平行に、かつ左右にぶれさせずに、ゆっくりとスライドさせることである。ウキと穂先の間の道糸の長さが短すぎると仕掛けが跳ねやすく絡みやすいので、最低60cm程度取っておいた方が良い。
はじめのうちは水面を仕掛けが這うように、ややポールの穂先を下げながらスライドさせると絡みは少ない。逆に穂先が上がっていると、仕掛けが跳ねて絡みやすい。

Q5「ポールの穂先とウキの間の道糸の長さはどれくらいがいいのか」
A5
 時と場合によるが、あくまでチョーチン釣りなので、短めが原則だ。
具体的には、止水域で水がそこそこ濁っている場合、60〜90cmが標準だ。
風が強いときには30cm位にするが、A4でもあったように送り込みで絡みやすいので注意。
水流のある場所ではある程度餌をドリフトさせる為に2〜3m取ることもある。
また、止水域でも水がクリアな場合は同様に長めにとる。短いと穂先が水中から丸見えで魚が警戒するからである。

Q6「ポールが対応できない釣り、対象魚はどんなものか」
A6 ポールは明らかに、竿の長さの範囲内しか釣ることができない。故にポイントがあまりに遠い場合はやはりリール竿に頼ることになる。feederなどの出番になるわけである。
また、いくらelasticが装備されているからと言って、メーターオーバーの鯉や大ナマズを釣るのにポールは不向きである。

Q7「なぜ長くて重いポールを扱う意義があるのか?ポールのメリットとは何か?」
A7 ポールは扱う時のその長さ、大きさに反して、非常に繊細な釣りを得意としている。一般的に、中型以下の魚を数釣りするのに最も適したメソッドと言える。
ポール最大のメリットとは、たとえば16mのポールであれば、約16m先を数センチの誤差で、どんなに強風下でも毎回同じポイントに仕掛けを置くことができるということである。
これは、即ちアタリがあって空振りだった時、そのまま仕掛けを落とすだけでいちいちリールを巻いて投げ込み直したりせずに済むというメリットもある。
また、エラスティックの装備により、通常の延べ竿よりもはるかに確実に、はるかに大きな魚まで対応できることである。

Q8「タナ取りはどのように行えばよいか」
A8 
ヘラブナ釣りで使われるタナ取り錘を使ってタナ取りを行う。
ポイントは、たとえば12mのポールを使うならば、12mと8mといったように、遠距離と近距離の両方のタナを取っておくことだ。12mのポールを必ずしも12mで使う必要は無い。ポールは並継であるから、12m以下であれば様々な長さで使うことができる。
まず、12mラインのタナ取りを行う。タナが取れたら、ウキの近くのラインにマジックなどで印をつけておく。あるいは、ポール自体に沿わせてポールに修正液などで印をつけてもよい。とにかく、取ったタナの印をつけるのである。
続いて、8mラインでタナ取りを行う。12mで取ったタナからウキを動かすことになるが、印を付けているので心配は不要だ。先ほどと同じようにして8mラインでもタナを取って、印を付ける。
タナ取りで重要なのは、たとえば12ラインでは、座席からまっすぐ先の12mピンポイントのみをタナ取りするのではなく、その左右数メートルも同様にタナ取りしておくことだ。これは、特に流れのある場所では重要であり、自分が探ろうとしている全ての範囲のタナを取っておくことが大切なのだ。そのうえで、左右でタナに差があるならば、どこを優先するか自分で決定する。

Q9「釣り始める前に行うべきことは何か」
A9 
タナ取りが最も重要であるが、加えて、空針を流してみることも大切だ。
いくらタナを取っても、底の障害物などによって実際には引っかかりが多発することもある。これから実際に餌を付けて、さらに撒き餌をしていく前に、空針で自分が探る範囲を全て探ってみる。あちこち引っかかるようであれば、タナを少し浅くすべきだ。ピンポイントで一か所だけ引っかかるなどという場合は、そこを避けるように流すように留意する。

Q10「撒き餌は如何にして行うのか」
A10 
これは釣り場が野池や川などなのか、それとも釣り堀なのか、あるいは対象魚、天候、季節によってさまざまであるが、一般的な撒き餌の方法は次のとおりである。
まず、釣り始める前に撒き餌を行う。ダンゴ餌のような撒き餌を、自分が釣りたいと思っているラインに撒いて置く。たとえば、12mのポールを持っているなら、12ラインと8mラインに撒く、といった具合に、複数のラインに撒いてもよい。
撒く量は様々で、ダンゴ数個から袋一杯まで時と場合による。撒く方法は、直接手でダンゴを放り込む、ポットを使って静かに落とす、カタパルトを使うなど様々ある。
続けて、実際に釣り始めてからも、定期的にカタパルトなどで撒き餌を行う。これは数分に1回、あるいはそれ以上に頻繁に行うのが普通だ。ただし、魚が集まりだしたら、ウワズリを防ぐ意味で撒き餌はセーブする。
一方で、これは欧州のマッチフィッシングをベースとした撒き餌方法であるから、日本の釣り場、対象魚に合わせて、適宜改良するとよい。必ずしも撒き餌が必要ではない場合もある。

Q11「ポールの抱え方、カタパルトの持ち方はどのようなものがいいのか」
A11 
まず、ポールの抱え方(構え方)であるが、右利きの人と仮定すると、右ひざの上にポールのグリップエンドを置き、それを右腕の肘より前の部分で押さえつけておくのが最も簡単な構え方だ。こうすると、右「手」は自由になり、カタパルトを扱えるようになる。
カタパルトについては、右手で餌の入る部分を持ち、左手でカタパルト本体を持つ。普通なら、右手を手前に引きたいところだが、ポールを押さえているので、左手を体から離すことでカタパルトのゴムを伸ばす。あとは、カタパルトを目標に向けて、発射するのみだ。

Q12「仕掛けを投入するときのポイントは?」
A12
 完全な止水域であれば、撒き餌をあらかじめして置いた場所の真上から、静かに仕掛けを落としていくのが簡単だ。
少しでも流れがある場合、その流れを考慮して、多少上流に仕掛けを投入する。仕掛けを少し左右に振り子して、餌の付いた針が最も上流になったところで投入し、カーブフォールで沈めると絡みが起きにくい。

Q13「撒き餌の選定について」
A13 
最初に行うダンゴの撒き餌はともかくとして、カタパルトで定期的に行う撒き餌は状況に応じて臨機応変にしていく必要がある。
魚種に応じた撒き餌というのはもちろんのことだが、たとえば流れが強い場合、比重の重い撒き餌を優先する場合もある。
撒き餌を行う時も、常に流れを考慮して、少し上流に撒くのが基本だ。こういったことは、磯のフカセ釣りなどと共通している。

Q14「仕掛けの流し方はどうすべきか」
A14 
完全な止水域なら、なんの問題もないが、多少でも流れがある場合、仕掛けを流すのか、止めるのかといった選択肢が出てくる。
まず流す場合、ウキと穂先の間の道糸は緩めておいて、徐々に穂先を動かしながらウキの流れに任せることだ。
次に止める場合、道糸を張り、穂先を動かさずに任意のポイント上で留めておく。ただし、これをずっとやっていると流れで餌が浮き上がってくる。この少しの浮き上がりは魚の食い気を誘発するが、あまりに上がりすぎると良くないので、少し待ってはやり直すのが良い。どうしても任意のポイントに止めておきたい場合、錘を多めにつける選択肢もあるが、ウキが沈みすぎるので、半ば脈釣りのように糸を張ってチョーチン釣りするはめになる。
最後に、流れよりもゆっくりと流したい場合。これはウキと穂先の間の道糸を、緩すぎず、張りすぎずの精神で微妙にコントロールしながら流すことになる。なかなか難しいが、錘を多めにつけても同様の効果を得られる。ただしウキが沈みがちになるのは当然である。
あるいは、ストップ&ゴーのように、流しては止める、といった流し方もよい。

Q15「マッチフィッシングではどのように釣りを行うのか」
A15 
マッチフィッシングとは、日本で言うヘラ釣りの大会のようなものである。ただ、対象魚はヘラ釣りのように単一ではないことが多い。
マッチフィッシングにおいては、制限時間内にいかに多くの魚を釣りあげられるかがキーとなる。釣り場はいわゆる管理釣り場で行われる。ポイントは、いかに魚を寄せ、いかに魚に口を使わせるかということだ。そのためにも、現場の魚が普段食べている餌をあらかじめリサーチしておくことは大切だし、それに合わせた定期的な撒き餌、更に、食いが悪くなったらすぐに別の餌やポイントを攻めてみるといった、非常に柔軟性と戦略力が求められる釣りである。
マッチフィッシングは忙しい釣りだ。なにしろ制限時間が決まっているので、1秒も無駄にしてはいけない。全ての道具は自らの手の届く範囲に収めておくこと。針はずしなどは、首からぶら下げておくとよい。針は当然バーブレスが使用される。
通常、座席の前にビクを設置するが、このビクの入り口の角度も重要だ。自分側へ45度傾けておくと、魚を入れやすく、さらにポールを一時的に立てかけておくこともできるので便利だ。

Q16「ポールの長さは常に最大に活用して使うべきか」
A16 
決してそうではない。たとえば14mのポールがあったとして、14m先を狙うのにはむしろ15m、16mのポールを使う方が楽だろう。
もちろん、14mのポールで14m先を狙うことは可能だが、ポールを抱えるときのことを考えると、やはり15m、16mのポールでグリップを少し余らせて構える方が断然楽だし、コントロールも効く。現実的に、ポールの全長の80〜90%先を狙うのが最も使いやすいだろう。全長をフルに使うのは、ポイントが遠いときのための保険と考えておくとよい。
加えて、ポールは常に全ての継を繋いで使用する必要は無い。ポールは何度も言うが並継であり、自由な長さで使ってよい。16mのポールを持っているからと言って、必ずしも16m全てを繋ぐ必要は無いのだ。 普段は14mで使っておいて、残りのセクションはいざという時の保険として持ち運ぶのも有効だ。

Q17「エラスティックの付いているポールでは、魚をゴボウ抜きはできないのか」
A17 
小さな魚であれば、ゴボウ抜きは十分に可能である。エラスティックは小さな魚であればそれほど伸びないので、通常の延べ竿のように扱える。
但し、ポールに使われるエラスティックは限界を超えると切れるし、その前に道糸が切れることもある。エラスティックも道糸も十分に強い場合、非常に軽量化されたポールの穂先はカーボンが薄いので、ここで折れる可能性もある。
故に、片手に簡単に収まる程度の小魚以外は、ネットで収めた方が無難ではある。

Q18「取り込みの際、どこでポールとトップキット(穂先部)を外せばよいのか」
Q18 
これは使用している仕掛けの長さによるだろう。
たとえば、3.5mの仕掛けを付けている場合、魚がかかるとエラスティックが伸びて実際には4〜4.5程度の仕掛けになることになろう。この状態で魚を網に収めるには、竿も4〜4.5mが適切であることは言うまでもない。となると、この長さになる所でポールを外せばよい。通常、トップキットは3m程度であるから、その下のセクションあたりで外すと、ちょうど良い長さになるだろう。 重要なのは、エラスティックの伸びを考慮するということである。

Q19「マージンフィッシングとは何か」
A19 
マージンとは、端を意味する単語である。通常、マージンフィッシングと言えば、池や川の淵ギリギリを、8〜10m程度の比較的短いポールで釣ることである。対象魚は、鯉など比較的大型魚であることが多い。
マージンフィッシングでは、ポールを岸と半ば平行にして、岸の際を探ったりする。鯉などは岸の際に寄っていることも多いのであるが、だからと言ってぞろぞろとその岸辺まで歩いて行って短い竿で延べ竿釣りをしたところで簡単に鯉は気配を察知して逃げてしまう。したがって、ポールを使うことにより、離れた場所から岸の際をピンポイントで狙うのである。 ポールは非常に正確に仕掛けを投入できるので、生え茂るアシやヨシの際すれすれも探ることができる。 この釣りでは、ポールを沖合の遠くを狙うのではなく、自分から離れた岸辺を狙うために使うのである。
狙う岸辺は、いわば魚が逃げ込みやすい場所であるから、魚がかかれば、一気に魚をそこから離さなければならない。したがって、ポールもエラスティックも道糸も、充分に強いものが使用される。

Q20「仕掛けはどのようなものが使われるのか」
A20 
いわゆるヘラブナ仕掛けを想像されると話が早いが、ウキはもっと小さく、もっと繊細なものである。道糸も、1号に満たないラインがほとんどであり、針のサイズも赤虫針のような針すら用いられる。
マージンフィッシングでは、もう少し大きく強い仕掛けになるが、基本的には変わらない。
これは、エラスティックと言う緩衝材があるので細いラインでも通用することが背景の一つにある。
さらに、欧州でのポールの専らの使用場所は障害物の少ない管理釣り場であるから、魚が茂みに逃げ込んだりネガカリしたりといったことを考慮して道糸を太くする方向には働かない。むしろ、スレた魚を相手にするので出来るだけ仕掛けは細く繊細にといった流れになっているようである。そういう意味では、渓流釣りの要素も含んでいるといえる。

Q21「仕掛けへのガンダマの打ち方はどのようなものがあるか」
A21 
これは磯釣り同様、様々なものが考案、使用されている。が、基本的にはいくつかのパターンに分けられる。
1つ目は、小さなガンダマを多く、等間隔に並べて打つ方法。これは、仕掛けがゆっくりと沈むことを可能にするので、餌がふわふわと沈み魚へのアピールを高めるということが可能になる。一方で、流れには比較的弱い。完全な止水域なら問題ないが、比較的流れのある場所だと、簡単に仕掛けが流され浮き上がることがある。
次に、ガンダマより大きめの錘を仕掛けの下の方に1個つけて、あとの浮力微調整を非常に小さなガンダマ2,3個で行うパターン。これは、手早く餌を沈めることができるので、深場の大物狙いに向いている。また、流れにも強く、ピンポイントを狙い続けたいときにも有効だ。一方で、自然なドリフトを目指す時にはこの打ち方は向いていない。
最後に、以上2種の折衷案。比較的大きなガンダマを真ん中あたりに打ち、その下に小さめのガンダマを並べる。適度に流れに強く、適度にドリフトもするタイプである。

Q22「大物がかかった時にエラスティックが切れそうで心配」
A22 
では、マージンフィッシングなどで用いられる方法を紹介しよう。
トップキットに通すエラスティックだが、その1つの先端には仕掛けが、もう1つの先端にはbungと呼ばれる栓が取り付けられる。bungはコーン状の栓で、これがトップキットの末端内部に収まっていることで、エラスティックが引っ張られてもトップキットからスルスルと抜けないようになっている。
さて、bungに結び付けるエラスティックの端を、2重にすることをお勧めしたい。適当に数十cmの輪っかを作ったうえで、bungにエラスティックを取り付ければ、エラスティックの最後の数十cmは2重の状態、即ち2倍の強度があることになる。これは、1重の部分が全て引き出されるような大物がかかった時に、心強い味方となることだろう。
 
ポールの扱い方

SALE! 特価セール品はこちら

カテゴリーから探す

メーカーから探す

POLE&LINE ch

卸売等のご案内

コンテンツ

モバイルショップ